ドクター紹介

メディカルビューティセンター
院長 橋本慎太郎 医師

「フォトフェイシャル」は美肌に有効なIPLという光の照射によって、肌トラブルの解消と肌の活性化を同時に行なう美顔法です。
この光は肌の基礎となる真皮層の線維芽細胞に作用し、シミの素であるメラニン色素を破壊、さらにハリやうるおいを保つのに必要なコラーゲンやエラスチンの増殖を促進し、みずみずしい素肌へと肌質を改善していきます。

「フォトフェイシャル」が従来のレーザー治療と違う点は、治療後に腫れや赤みがでない”ノーダウンタイム”であるということです。レーザーを照射した後すぐに洗顔や化粧をしていただいて大丈夫です。
以前のレーザー治療は薬を塗ってガーゼを当てる必要がありましたから、それに比べたら「フォトフェイシャル」はかなり気軽に治療ができると言えますね。

また、治療時間も短く、顔全体で20~30分程度。安全でありながら1回の照射でも肌がふっくらとし、キメが整っているのが実感できるほど即効性が高いのも実感です。
シミやそばかすなら数日後、皮膚の代謝とともにはがれ落ちていきます。治療の目安としては3週間おきに5回ほど。
このくらいの治療を行なえば、ほとんどの肌トラブルは解消できると思われます。現在悩んでいるトラブルを改善するのはもちろんですが、「フォトフェイシャル」は肌の基礎に作用する美顔法なのでトラブルの予防などに有効です。

肌の老化を防ぐ基本は、紫外線から肌をしっかり守ることです。肌老化の80%は紫外線によるものなんです。トラブルの予防という点ではドクターサポートによるメディカルスキンケア化粧品を使ってみるのもお勧めです。