※クレジットカードご希望の方はカウンセリング終了後、支払い用のURLをLINE(SMS)にて送信いたします。

*オンラインカウンセリングにはLINEアプリのインストールが必要です。

シミのできる仕組みは「シミを作り出す要因」と「シミを肌に残す原因」の2つに分けられます。

シミのもととなるメラニン色素は、もともと紫外線から肌をまもるため、基底層にあるメラノサイトで作られるもので、ターンオーバーによって自然に排出されます。

ですが、紫外線や加齢によりダメージをうけたメラノサイトがメラニン色素の異常発生を引き起こします(シミを作り出す要因)。

さらに、体調不良やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどによりターンオーバーが乱れるとメラニン色素の排出が追いつかなくなり、表皮にメラニン色素が残ります(シミを肌に残す原因)。

シミには、基底層(表皮の一番下)のメラノサイトで作られたメラニン色素による表皮性のシミと、
真皮に存在するメラノサイトで作られたメラニン色素による真皮性の(根の深い)シミがあります。

表皮性のシミ

シミ取り遠隔診療で治療できるシミ

老人性色素斑 ◎

紫外線を浴び続けることでできる、最も多いタイプのシミ。
ほほ骨など日光が強く当たる部分からできる傾向にあり、30~40歳代から目立ってきたり、大きくなってきます。

炎症性色素沈着 ◎

ニキビや傷などの炎症のあとが茶色くシミになったものです。時間がたてば消えるものですが、肌をこするなどの刺激を受け続けたり、紫外線を浴びることでシミとして残ることもあります。

そばかす ◯

先天的なもので、色白の人に多くみられます。皮膚構造的に異常ありませんが、そばかすができる肌は紫外線にも敏感で、紫外線を浴びることで老人性色素斑などのシミを伴うことがあります。

老人性ゆうぜい △

老人性色素斑からできる、表面がいぼのように盛り上がったシミです。

真皮性のシミ

太田母斑 ×

両頬の上部に左右対称に多発する傾向にある、青色からやや褐色の母斑(アザ)で、20~30歳代くらいから発生します。真皮層にメラニンがあるため、レーザー等での治療になります。

スマホによる遠隔診療を行い、ご自宅でシミをケアしていただく、シミ取り集中プログラムです。完全予約制となります。

患者様の状態に合わせ、シミを根本から絶つケアと、肌本来がもつキレイになろうとする力を育むためのスキンケアプログラムです。当クリニックで独自に調合したトレチノイン・ハイドロキノン軟膏などを処方いたします。

※シミの種類によっては処方薬のみで治療できない場合もございます。

※トレチノイン(レチノイン酸)を使用するため、妊娠の可能性のある方や妊娠中・授乳中の方は使用をご遠慮ください。

トレチノイン・ハイドロキノン軟膏

それぞれ非常に強い成分ですので、副作用として皮膚炎、炎症後色素沈着がおこる場合があります。
必ず、医師の指導に従いご使用ください。

つくらせない

ハイドロキノン5%

メラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)そのものを減少させる働きのある成分です。

排出する

トレチノイン0.2%

ビタミンA誘導体で、生理活性はビタミンAの300倍。
角質を剥がし、表皮の細胞を分裂させて、皮膚の再生を促します。メラニン色素を皮膚の外に排出する働きがあります。

メディカルコスメ

治療や施術の補助を目的として開発されたカウンセリング化粧品です。
当クリニックでは日常のスキンケアも、治療の上では重要な役割を担っていると考えており、プログラムの一環としてスキンケアにも力を入れております。